MRI

病気に気づくために

日本人の死亡原因で上位を占めるのは、がんなど成人病などが多い。
この中でも、心疾患で亡くなる人は多数を占めている。
成人病の併発をしていなくても、心臓になんらかの疾患を抱えているひとは実は多いが、そのほとんどが気づかれずに放置されているという。
このため、心臓ドックを受け、心臓の検査をすることが推奨されている。

人間ドックは聞いたことがあるが、心臓ドックは聞いたことがない、という人も多いはずである。
人間ドックでは体全体の健康を調査するが、心臓ドックではもっと詳しく検査することができる。

健康診断や人間ドックのような検査では、全般的な検査を行うため、細かい症状の検査は行わない。
心臓が特に心配という人はもちろん、心臓には自信がある、という人は是非検査を受けてほしい。

オススメリンク

進化する技術で早期発見

病気を見つけるには早期発見が一番。特に心臓は体の中でも重要な部位なので気をつけたい部分である。
また、日々進化している機器によって、心臓病が発見しやすくなっている。

詳細を確認する

今までの検査でできなかったこと

健康診断や人間ドックを受けているので、重大な病気がないと普通の人は思い込んでしまう。
しかし、重大な病気は隠れているものである。心臓ドックでは隠れた重大な病気をも見つけられる。

詳細を確認する

解りやすく提示する

検査は分かりやすいのが良い。患者への説明も頻繁に行われているが、心臓を画像として観察することができるようになったので、より解りやすくなっている。
心臓ドックで提示される画像は、医師だけでなく、患者にも分かりやすい。

詳細を確認する

CTで検査する

主に二つの方法によって検査は為されていく。検査の方法はそれぞれ調べることもできるので、説明を受け決定することになる。
CTでは、体を輪切りにして画像を解析できるので動脈の中の状態を知れる。

詳細を確認する